FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 独り言
きょーぞん♪きょーぞん♪♪ランプオブシュガー×ゆずソフト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

萌え絵と山

絵が上手な人になりたい。切実に……

 絵が上手い人は、それだけで尊敬に値します。
というのは、絵を上達させるためのサイトや書籍など、どれを見ても結局は…

描いて描いて描きまくるしかないこと!

 絵というか美術系というのは才能も必要だが、「継続は力なり」という言葉が如実に現れる分野だと思う。小さい頃から、無我夢中に絵を描き続け技術を学び本当に上手い絵を描けるようになる。もちろん、そうじゃない人も居るとは思いますが、その他大勢の絵描きさんは同じように絵を描き続けてきたのではないでしょうか。
 そして、絵を描き続ける過程で、描く物や系統は分かれていくわけです。たどり着くわけです、萌えという領域に!

そんな萌えな絵を私も書きたい(某詩朗読風に

 というわけで、最近イラストを模写したり、ニコニコ動画の「描いてみた」動画見たりしてます。
でも、全然上手くなってる気がしない。もしかしたら、上手くなっているのかもしれない。だが、そうじゃないかもしれない。ある種のパラドックスかもしれません。

 「上手くなってる気がしない。」これは、当たり前ですね。だって、上手い人の絵を見ながら絵を練習してるんですもの。いつだったか蒼紅氏が『上には上がいるんです』なんて記事を書いてたが、その通りだ。この言葉には“究極のかたちをぼかす”という意図と同時に“究極のかたちを目指せ”という先人の遺志というか魂的な…まぁ巧くは言えないがw しかし、究極のかたち=頂上へは辿り着けない。だって、今を生きる人が新たに積み重ねていくんですもの。色んな意味があって「上には上がいる」なんて言葉が存在出来ると、蒼紅氏の記事を改めて見て思ったりした。

 そして、萌え絵も現代人のニーズに合わせ進化し続けている。その背景には、CG技術の進歩や萌え属性のパターン化など、他にもあるだろうが割愛。でも、一番大きい要因は萌え絵の認知度の上昇だろうか?
 スポーツなどでも言える事だが、その分野人口が大きければ大きいほど発展しやすい。山を積み上げる人数が増えるわけですから、究極のかたちとともに技術も向上していく。

 なんか、絵が上手くなるにはどうすれば?なんて記事を書いてたつもりが深く脱線してしまった。
 もしかしたら、自分は新たに生まれる萌え絵を見たいのと、それを自分で生み出したいというある意味矛盾というかエロゲーマーとして背反的な感情の中にいるのかも… 自分で言ってて意味は分かってないがw
 やはり、趣味で絵を描くなら妥協が必要かな?妥協なく絵が上手いなんて自信もって言えるようになれば、それこそ原画家目指すよw

ゲーム発売延期への戯言

『Flyable Heart』延期とか…

 俺の素晴らしいグミちゃんを攻略ヒロイン化フラグですね!
…まぁ、冗談ですがw 最近、発売延期と聞いても微動だにしなくなってしまった。当たり前な感覚に、ユーザーもブランドもなってしまっている。

 だが、ちょっと待ってほしい。これは孔明の罠だ!

 本当に、延期するほどに開発が遅れているのだろうか?これは、ユーザーを嵌めようとしているのでなかろうか?本当は完成していて、

 延期して、この出来だから仕方無いか

と…いや、さすがに無いかw
 むしろ、開発側の悪あがきやクオリティの維持とか未完成とか、簡単に開発期間を延ばせるものなのか?未完成は論外だが…完成の判断は、誰が行うのか?

 延期しておいて、この完成度とか糞

 結局、ユーザーなのかと… ユーザーから、このような声が挙がらないように製品を仕上げるのが開発側の使命であって、正直に言って延期の口実に使う「クオリティの維持」さえ開発側が納得できていれば、未完成品とか糞ゲー扱いされても、「この作品は、これで完成なんだよ。バーカバーカ」と開発側が完成を主張して良いと思う。自分の場合だけどね。

 それが出来ないのは、延期という後ろめたさがあるから。『Garden』『Dies irae』という良い例があるが、開発側も済し崩し的に延期発売した作品にユーザーが納得するはずが無く、開発側は下手に出るしか無いという。2作品とも、その後の情報を見る限り、ユーザーの期待に答え過ぎな感がある。
 『Garden』は、瑠璃シナリオの追加による既存シナリオの改変と見る限り、瑠璃シナリオは最初から存在しなかったと…
 『Dies irae』は、伝奇性の強いタイトルである為、数多くのルートを作成する予定は当初は無かったと…
 つまり、その期待された攻略シナリオ追加による弊害ってのは予想出来たと思う。プロットと原画作業による開発スケジュールが狂うわけだから。Dies iraeは特に伝奇系はキャラのパワーバランスを考えないと大変になるって分かるだろう。
 サブキャラをメイン格に扱う紹介も原因なんだろうが、延期しといてユーザーを納得させられない作品っていうのが大きい。そして、有名ブランドの宿命。

期待されるブランドも、大変だ。常に、篩いにかけられているわけだから。

 クオリティ維持の延期というのも、ユーザーに見捨てられないためではあるが、開発期間の延長によるデメリットというのは大きい。予算確保・宣伝広報の無効化…などなど
 ファンディスク補完できる作品ならまだしも、本編のボリューム不足とか言い訳出来ない……


…さて、『さくらさくら』はどうなることやら

感想・レビューを書くことの難しさ

Web上に溢れてる「○○レビューサイト」たち。

 ゲームや漫画、アニメなどの感想を綴ったものや、価格.comなどの家電製品のレビューを掲載するコミュニティなどもある意味レビューサイトと言えるだろう。
 このブログも、前ブログ同様に美少女ゲームなどのエントリーを増やしていこうと思っていた。だが、自分には前から少し疑問になっていたことがある。

レビューサイトとは何か?
 もちろん、製品を批評・レビューし掲載するサイトのことである。

それでは、「レビュー」と「感想」の違いとは?
 これが、自分自身良く分からなかった。語感的にレビュー>>>感想とか、レビュー=ユーザー代表みたい思っていた。

 「レビュー」の見えない重さに、自分はブログに記事を掲載する際、「感想」とは名乗っても「レビュー」とは名乗ったことは無かった。自分の記事は、そんな大層なものじゃないと…
 なので今回、新しいブログに記事を掲載するに当たって、ちょっと気になったので調べてみた。

~参考サイト~
「紹介」と「感想」と「レビュー」の違い(livedoor ディレクター Blog)

 1年以上前のエントリーですが、自分の知りたかった「感想」と「レビュー」の違いについて、内容の違いや絞り込み・掲載方法の例などが書かれており、納得。

自分的に解釈したのは、
 「感想」は、その名のとおり自分が感じ思(想)ったことを、そのままに書くこと。
 「レヴュー」は、感想に対しての分析や客観的判断を織り交ぜたもの。
 美少女ゲームのレビューは、その作品のメッセージや同ジャンルとの比較などを入れることが本物のレヴューと言えるのかもしれない。
 そう考えると、自分が今まで掲載していたのは、「感想」で合っていたのでしょう。「レビュー」のように、深くまで追求せず、思ったままに書き、尚且つ作品の悪いところは極力書きませんでしたから。


 そして、「感想」と「レビュー」の違いが分かったことで本題です。
別に、「感想」と「レビュー」の違いについて書きたかったわけじゃないのです。

 「ゲーム感想(レビュー)サイト」の管理人は、どのようにして記事を書いているのでしょう?

 これです。Web上に蔓延るw美少女ゲーム感想サイトの管理人は、どんな方法で記事を書いているのか?
 自分は、ゲームに一点集中してしまい、ゲーム中に感想を抜き出し書くことが無いので、クリア後に一気に書くタイプです。だが、そうすると…

 やべぇー、内容覚えてないwww

こういうパターンです… 感想書く書く詐欺は、このようにして起こるのですね……

 だが、それではゲーム中に自分が思ったことを文章に出来ない。サイトを見つけてくれた人に自分の想いを伝えることが出来ない。それは、ちょっと悲しいことかな。
 おそらく、多くの美少女ゲーム感想サイトの管理人は、ゲーム中に少しでも感想を書いてると思う。

 では、どの部分で感想を書き出すのが良いのかを自分なりに考えてみた。

①作品のポイントになる部分(起承転結の目立つ部分)
 やはり、物語が動くところかな?それと、名言をピックアップしたり

②共通シナリオ終了後や各ヒロインシナリオ終了後、分岐部分
 これが、一番多いかもしれない。実際、共通シナリオ部分を全て体験版に収録したりする懐の大きいゲームブランドもあるし、共通シナリオと個別シナリオが明確に分けられている作品が大多数なわけである。

 この2つを考慮して書けば、少しはマシになるかな自分も…
「俺は、こうやって書いてるぜ!」ってのがあれば、教えてほしいですね。
 でも、気兼ね無く自分が思うままに自由に書くのが一番だし、それが感想サイトの他ユーザーの意見を垣間見れるという良さに繋がっていると思うので、自分の意見を喪失せずに感想書ければ良いですね。
 『感想・レビューを書くことの難しさ』とは、感想とレビューの違いや書き方では無く、ゲーム中に自分が思ったことを文章に起こせないことだと思います。書き方なんかは人それぞれあっていいんです。もちろん、それで良いサイト・悪いサイトと分類されてしまう分類されるでしょう。だけど、書き方はもちろん人の感じ方なんかは十人十色・千差万別です。だからこそ、自分が感じたこと喪失せずに書くことが重要で、それが同じ感じ方をした閲覧者のみならず、それに同調できる閲覧者を惹きつけるサイトになるのかもしれません。


 長々と、しかも偉そうに書いてしまいましたが、自分自身ちゃんとした自分感想を書けるように尽力したいです。

Page Top

プロフィール
きょーぞん♪バナーキャンペーン応援中!

のびる

Author:のびる
3ヶ月以上も放置してしまった…スマソ
まぁ、見てる人なぞ皆無だろうがw

ちょいちょい更新していきたいなぁって思ってるよ。思ってるだけだがwww

前ブログは、検索サイトから訪問してくる人が多すぎて閉鎖するか迷いようなのだが、ちょっとずつ記事修正してこっちに移す作業でもしますか。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
期待の新作
ゆずソフト最新作は神様モノ!また、サブに素晴らしいキャラたちが…
なんという生殺し
『天神乱漫』5月29日発売予定
タユタマ-It's happy days-応援中!
『タユタマ-It's happy days』5月29日発売予定
tony氏の描くチャイナドレスは世界一ぃぃぃぃい!!!!!
『仏蘭西少女』7月10日発売予定
ファイアージュ第2弾タイトル『終わりなき夏 永遠なる音律』を応援中です!
『終わりなき夏 永遠なる音律』7月24日発売予定
サガプラネッツ最新作「ナツユメナギサ」
『ナツユメナギサ』7月31日発売予定
真剣で私に恋しなさい!
『真剣で私に恋しなさい!』8月28日発売予定
略して恋空って……ぉぃぉぃ
『恋色空模様』10月30日発売予定
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。